CKD(慢性腎臓病)|人工透析

大阪市平野区・生野区近郊で透析治療の病院をお探しなら生野愛和透析クリニックへ

CKD(慢性腎臓病)

CKD(慢性腎臓病)

CKD(慢性腎臓病)CKD

CKD(慢性腎臓病)の原因

CKD(慢性腎臓病)の原因

CKD(慢性腎臓病)の原因は様々ですが、糖尿病・高血圧症・慢性腎炎の患者様の発症リスクが高いと言われており、成人の8人に1人がCKDだと言われています。
また、CKD(慢性腎臓病)は初期の段階ではほとんど自覚症状がないため、一度症状が出た時にはすでにほとんど治療ができず、透析治療や腎移植を行うしかない方も少なくありません。

CKD(慢性腎臓病)の進行

CKD(慢性腎臓病)の進行

CKD(慢性腎臓病)が進行してくると倦怠感、体のむくみ、夜間尿、貧血、呼吸苦などが現れてきます。これは、腎臓の組織が壊れたことが原因で起こる症状です。
もし、健康診断で腎機能障害の疑い(尿たんぱく、血清クレアチニン)があると言われたら、速やかに適切な医療機関で治療を受ける必要があります。

尿たんぱく
腎臓に問題があると尿にたんぱく質が流れ出します。

血清クレアチニン
老廃物の一種で、通常は尿として排出されますが、腎臓に障害があると血液中に溜まっていきます。