CART(腹水濾過濃縮再静注法)|人工透析

大阪市平野区・生野区近郊で透析治療の病院をお探しなら生野愛和透析クリニックへ

CART(腹水濾過濃縮再静注法)

CART(腹水濾過濃縮再静注法)

CART(腹水濾過濃縮再静注法)Dialysis CART

CART(腹水濾過濃縮再静注法)とは

通常、腹水(胸水)は利尿薬を投与し水分を体外に排出させます。しかし、肝硬変や癌などにより利尿薬を使用しても体外に水分を排出できなくなることがあり、相当量貯まると息苦しさを覚えることも有ります。腹水は患者様のQOL・ADLに問題を生じさせます。

このように腹水が貯まった患者様に行う治療が腹水濾過濃縮再静注法(CART)です。
腹水濾過濃縮再静注法(CART)は、排出困難な腹水を患者様のお腹から取り出し、フィルターにより濾過及び濃縮し、有用なタンパク質を回収し、患者様に濃縮した腹水を点滴で体内に戻す治療法です。

CART(腹水濾過濃縮再静注法)の方法

CART(腹水濾過濃縮再静注法)の方法①
ベッドに寝ている患者様のお腹に針を刺し、腹水を専用の貯留バッグに貯めます。
その際、モニター管理し、患者様の血圧等に問題がないかを観察します。

CART(腹水濾過濃縮再静注法)の方法②
腹水がたまった貯留バックを二つのフィルターに通して、アルブミンなどの有用なたんぱく質を残して、癌細胞・細菌・水分を除去し濃縮します。

CART(腹水濾過濃縮再静注法)の方法③
濾過濃縮された腹水を点滴により、体内に戻します。
当クリニックでは、本院である生野愛和病院と連携し、安心安全に施行しますので、お気軽にご相談ください。