費用・制度について|患者様サポート

大阪市平野区・生野区近郊で透析治療の病院をお探しなら生野愛和透析クリニックへ

患者様サポート

患者様サポート

費用・制度についてCost / Institution

医療保険の長期高額疾病(特定疾病)

高額療養費の特例として(一般の高額療養費とは異なる)により保険給付され、透析治療の自己負担は1か月1万円が上限となります。
(一定以上の所得のある人は2万円が上限になります。外来・入院・薬局等、それぞれでの負担となります。また、入院時の食事代は自己負担です。)
手続き方法
特定疾病療養受療証交付申請証に医師が記載・捺印の上、加入している保険者(健康保険組合や健康保険協会、共済組合、市町村国民健康保険課)や後期高齢者広域連合の窓口で申請し、「特定疾病療養受療証」の交付を受けます。

自立支援医療(更生・育成医療)

障害者・児の身体的障害を軽減させる目的で受ける医療費について、血液透析やCAPDを受けた場合の自己負担分を国制度で助成します。
世帯の所得により自己負担があります。
助成を受けるには身体障害者手帳の交付を受け、治療を受ける医療機関が自立支援医療機関の指定を受けていることが必要です。
原則一割負担ですが、低所得者に関しては一定の軽減措置がされており、透析や移植など長期に治療が必要な疾病は、「重度かつ継続」という名称で、減額される経過措置がとられています。

重度心身障害者医療費助成制

身体障害者手帳1,2級の障害者が医療を受けた場合に、医療保険や自立支援医療などの自己負担分に対して、大阪市が独自の制度として助成を行っています。また入院時食事療養費(食事代)の自己負担分も助成されます。
(透析患者様は身体障害者手帳の申請が出来ます。)
(大阪市の助成制度は1回500円 月上限3,000円になります。)
手続き方法
市区町村の障害者福祉課に身体障害者手帳などを提示して申請します。