リハビリ室設備|透析患者様へのリハビリテーション

大阪市平野区・生野区近郊で透析治療の病院をお探しなら生野愛和透析クリニックへ

透析患者様へのリハビリテーション

透析患者様へのリハビリテーション

リハビリ室設備Fehabilitation Facility

リハビリ室設備

プラットホーム

患者さんが車いすからベッドに移ったり、車椅子や歩行器から座ったり、立ち上がる訓練に使用します。また、セラピストが患者さんの関節の可動域を拡大するためにストレッチやマッサージで使用します。ご自宅のあらゆる環境を想定しやすく、日常生活が安定して送る訓練に最適です。

平行棒

主に次のような患者様の訓練に使用します。当クリニックの平行棒は患者様のお体のサイズに合わせて、高さと幅を調整できるため、早期の改善が期待できます。
・脳血管障害により麻痺を認め、歩行困難な方
・大腿骨骨折などの手術後の方
・長期間ベッド上の生活を継続されていた方

牽引器

頸椎、腰椎などの脊椎症や椎間板ヘルニアなどの症状を軽減するために使用します。

マイクロ波治療器

腰痛、捻挫、神経痛などの治療に用います。電磁波で皮下組織深部を加熱することで局部の血行改善、筋肉の弛緩、疼痛緩和等が期待できます。

ホットパック

患部を温めることで血管が拡張し、代謝の亢進が促します。ホットパックをストレッチ中に使用するとより腰痛などの改善につながります。